スリランカの紅茶列車に乗ってみた!第二弾!乗り方や、乗車位置など詳細

スリランカ 紅茶 鉄道

あ〜ゆぼわん〜!どうも、毎度おなじみたそです。そいえば、スリランカのビザが2019/5/1から期間限定で無料化されることになりましたね!それに伴い、スリランカへの観光客も増えてくるのではないでしょうか?今後ますますスリランカの観光情報の需要が伸びてくることを期待して、この記事を書いています(笑)

それでは、今回はスリランカの紅茶列車に乗ってみた!第二弾として、エッラから実際に乗車するところから、コロンボに到着するまでのことを書いていきたいと思います!

それではいってみましょ〜〜〜!

前回の記事のおさらい

前回はオススメの乗車駅、時刻表、運賃などの基本情報を記載しました。なのでサラッとおさらいしてから、本題に入っていきましょう!

①スリランカの列車はもともとはコーヒー・紅茶などの農産物輸送を目的として敷設された。
②オススメの乗車駅はエッラからが確実に座れる
③ツアー以外で指定席はなく、窓口などで前もってチケットの購入は不可
④エッラからのオススメ乗車時刻は朝の6:39発コロンボ行き
⑤きっぷは降りるまで手に持っておく

以上の5点でした!くわしくはコチラを御覧ください!それでは、本題に入っていきます!

エッラから乗る際の乗車位置は?

コチラの紅茶列車、2等も3等も完全自由席になります。なので、いくら始発の次の駅であるエッラから乗って座れるといっても、せっかくここまで来たのだから絶景が見られるベストな座席を確保したいですよね?はい、ズバリ教えちゃいます!

スリランカ 紅茶 鉄道

こちらの画像の赤い◯の辺で待機していると、いい感じに2等車の場所に来ます。逆に3等車ですと、写真のもう少し左側、進行方向に向かって先頭の方ですね。そちらで待って、列車がゆっくりとホームに到着したくらいで電車に駆け寄れば確実に席取り合戦には勝てます(笑)

そして、次に大事なのは、左側と右側どちらに座るのが絶景を見られるのかですね。はい、それは進行方向に向かって右側の座席を確保しましょう。出発して初めの方は、あれ?こっちで合ってる?というくらいなにもないですが、ヌワラエリヤに近づいてくるとこんなかんじで絶景が広がってくるのでご安心ください。

スリランカ 紅茶 鉄道

車内の様子

スリランカ 紅茶 鉄道

2等車の座席はこの様になっています。私は2等車に乗ったのですが、普通に快適でした!3等車も3人席のベンチシートですが、ヌワラエリヤのあるナヌオヤまでの距離でしたら別にありかな〜と思います。
スリランカ 紅茶 鉄道

また、売店もあります。朝はサンドウィッチ的なものを車内販売していました。駅に着くと色んな人が食料や雑貨など売りに来ます。その様子を見るのも楽しいですね〜私はチャイとパイナップルを購入しました。
スリランカ 紅茶 鉄道

やはり、観光客が多く乗る電車だけあって車内販売はどれも結構割高でした。小さいカップのチャイ1杯100ルピーとか、パイナップルも100ルピーしましたねえ…スリランカの物価に慣れてしまった私にとって高いよお…ちなみにトイレは和式と様式の2種類ありました。まあ〜インドの夜行列車に比べたら全然マシでしたね〜(笑)

コロンボ到着〜

スリランカ 紅茶 鉄道
この写真は途中、キャンディ付近ですれ違ったエッラ方面行きの列車の様子ですが、激混みでした…そうしてこうして、9時間のコロンボへの列車旅は無事終了いたしました。長かった〜けど、高原から平地にかけて様々な景色の変化を楽しめたので、意外と飽きなかったです!

ちなみに、出発したときは朝ということと標高が1000mほどであったためとても寒かったのですが(といっても長ズボンにパーカー羽織るくらい)、キャンディに着いたあたりになると激アツになってきたので、乗車される際は温度管理にも気をつけてください。
スリランカ 紅茶 鉄道
以上、スリランカの紅茶列車に乗ってみた!第二弾!乗り方や、乗車位置など詳細でした!ビザの無料化を機に一度スリランカにも足を運んでみてください!