千葉のソウルフードマックスコーヒーとは?販売場所やグッズは?

千葉県の名産品として有名なマックスコーヒーは、今なお日本全国にまで幅広く知れ渡ってます。たまに、街中の自動販売機で見かけるという声が多数もあります。そこでマックスコーヒーとは、どのような商品なのかをご紹介します。

成分には何が入っているのか?

カロリーでは120kcalなのですが、一般の缶コーヒーの場合は約90kcalとのことからもかなり甘いのではないでしょうか。甘いものが好きという方にとってはオススメです。ただ、虫歯にはならないよう食べすぎには気をつけてください(笑)

成分はエネルギー(50kcal、48kcal)、タンパク質(0.6g)、脂質(0.7g)、炭水化物(9.8g)、ナトリウム(32mg)の5つが入っています。 また、マックスコーヒーにはミルクは使っておりません。そのかわりに自社の独自というので味が増すよう練乳を使っており、それがマックスコーヒーの特徴です。マックスコーヒーの印象的としては甘みが強くかんじられます。

販売場所

マックスコーヒーを飲みたい方にとってどこで販売しているのか気になるところです。主に販売を中心としているのが千葉県、茨城県、栃木県の3県です。 その他の都道府県では東京都、東北地方(青森、岩手、秋田除く)、群馬県、埼玉県、神奈川県、中部地方、などで販売されています。

 また、マックスコーヒーだけが売っている自動販売機がありデザインがまさにマックスコーヒーのイラストなのです。設置されている箇所があまりなく、マックスコーヒーが好きな方はこの自動販売機を見つけるのもなかなか楽しいかもしれません。  

食べるマックスコーヒーも販売!

ここまで、飲むマックスコーヒーについてご紹介しましたが、実は食べるマックスコーヒーもあるのです!
食べるマックスコーヒーは、コッペパンにマックスコーヒーのクリームを挟んだものになります。
「食べるマックスコーヒー」の中身には、練乳とコーヒーを混ぜ合わせたクリーミーなクリームがふんだんに入っております。大盛りというのもあるので、もっとマックスコーヒーの甘さを感じたい場合は大盛りをおすすめします!

販売場所については千葉駅でしか販売されていない商品です。1日100個限定で値段は238円です。それだけを求めに来る方もたくさんいらっしゃるほどなのです。。マックスコーヒーが好きな方もぜひ、千葉駅まで食べるマックスコーヒーを求めに足を運んでみてください。

マックスコーヒーのジャムとは?

食べるマックスコーヒーの次はマックスコーヒーのジャムまであるのをご存知でしょうか。マックスコーヒーのジャムは、練乳がたくさんたっぷりと使われており、中を開けるとマックスコーヒーの味が香ばしく良い香りに包まれるのが特徴です。おすすめの食べ方としては、トーストに塗って食べるのが一番マックスコーヒーの甘さと美味しさを感じられるのではないでしょうか。
販売場所については、千葉県の市原サービスエリア限定となります。他にもマックスラスクやマックスドロップなど市原のサービスエリア限定のグッズがたくさんあります!ここだけでしか販売しておりませんのでマックスコーヒーのジャムを求めに来る方がたくさんいます。千葉旅行のお土産にも最適ですね。

      

まとめ

マックスコーヒーには缶、ペットボトル以外にも食べるマックスコーヒーやマックスコーヒーのジャム、グッズまでも販売をしています。マックスコーヒー好きの方にはたまらないですね。皆さんもぜひ、千葉県のソウルフードマックスコーヒーを探してみてください!