韓国のおみやげで貰ったホットクの作り方!翻訳付き!

韓国 ホットク お土産 作り方

アニョハセヨ〜今回は友達から韓国お土産でホットクセットをいただいたのでこちらの作り方を解説したいと思います。こちらのホットクセット、なんと韓国語表記しかありません。なんとなく数字や図など雰囲気で作り方はわかるような気もしますが、失敗する可能性もあり、きちんと理解して作りたいですよね。

ですので、箱の裏に書いてある韓国語とそれに合わせた翻訳を一緒に記述しましたので合わせて見ていただいて作るとよりわかりやすいかと思います。私はこれで美味しいホットクができました!それではいってみましょ〜!(※素人の翻訳ですので多少の誤字等あると思います。ご了承ください。)

必要なもの

韓国 ホットク お土産 作り方

ホットク8枚分(380gあたり)

フライパンで作る場合:水180ml・サラダ油・ボウル・ヘラ・フライ返し・フライパン

エアフライヤーで作る場合:水160ml・サラダ油・ボウル・ヘラ・エアフライヤー

エアフライヤーは韓国では有名な調理器具みたいですが、日本ではあまり主流でないので今回は一般のご家庭に必ずあるであろうフライパンで作ってみました。

フライパンでの作り方 프라이팬 조리법

※必ず水の温度は40〜45度にしてください。

冷水コップ2/3に対して、沸騰したお湯1/3(コップ1杯180mlとして)

※ 물 온도 (40 ~ 45 ℃)를 꼭 맞춰주세요. 찬 물 종이컵 2/3 컵 + 끓는 물 종이컵 1/3 컵 (종이컵 1 컵은 약 180 ml입니다.) 

①生地を作る

ボウルに蒸気の温度に温めた水180mlとイーストを入れたあと、ヘラで均一に混ぜてください。その後に、ホットク用ミックス粉を1袋(296g)を入れ、ヘラで優しく約5分から10分間均一に練ります。

 ①반죽 만들기 둥근 반죽 그릇에 온도를 맞춘 따뜻한 물 180 ml (종이컵 1 컵)와 이스트를 넣은 후 주걱으로 골고루 저어주세요. 호떡 용 프리믹스 1 봉 (296 g)을 넣고 주걱으로 부드럽게 약 5 ~ 10 분간 골고루 반죽 해주세요

 

韓国 ホットク お土産 作り方韓国 ホットク お土産 作り方

まず、一番はじめにドライイーストをボウルに入れます。

韓国 ホットク お土産 作り方

ドライイーストと40〜45度に温めたお湯を混ぜます。なるべくダマを残さないようにしましょう。

韓国 ホットク お土産 作り方

ドライイーストとお湯がよく混ざったら、ミックス粉を全量入れます。

韓国 ホットク お土産 作り方

このようにまとまるまでよくこねます。手に生地がくっつかないようになります。

②形作り

手にサラダ油を少し塗り生地がくっつかないようにします。生地をお好みの量を取り、手のひらの上に広く伸ばしジャムミックスを入れ破れないようにきちんと閉じてください。

② 모양 만들기 

손에 식용유를 바른 후 반죽을 떼어서 손바닥 위에 넓게 펴고 잼 믹스를 넣어 터지지 않게 잘 오므 려주세요.

韓国 ホットク お土産 作り方

生地を好きな量とり、平らに引き伸ばします。破れてしまわないように気持ち厚めにします。(今回は写真用にまな板でやりましたが、少しひっつくのであまりおすすめはしません。)そこに、ミックスジャムの粉をのせます。

韓国 ホットク お土産 作り方

包み込むようにして写真のようにミックスジャムを包みます。※破れないように気をつける。

③焼く

予熱したフライパンに油をひき、生地の閉じたほうを下に向けて焼きます。弱火にて焼いて下がこんがりとなれば裏返してヌルゲで押してください。(ヌルゲがない場合は茶碗やフライ返しで押してください。)1〜2分後に再び裏返し裏面1〜2分より焼くと美味しいホットクの出来上がりです。

③굽기

예열 된 프라이팬에 기름을 두르고 반죽의 밀봉 된 부분을 아래로 향하게 올려 놓습니다. 약한 불로 굽다가 밑 부분이 노릇 노릇 해지면 뒤집어서 누르개로 눌러주세요. (누르개가 없을 경우 밥 공기 나 뒤집개로 눌러주세요.) 1 ~ 2 분 후 다시 뒤집어 뒷면을 약 1 ~ 2 분 간 더 구워 주시면 맛있는 호떡이 완성됩니다 

※ヌルゲとは韓国ではメジャーなホットクを焼く用の抑え器のようなものです。ないのでフライ返しでやりましたが強く押しすぎたためかフライ返しがまがりました笑

韓国 ホットク お土産 作り方

少し強めに潰すようにフライ返しで抑える。

韓国 ホットク お土産 作り方

このように両面こんがりとなったら完成!
中が焼けているか確かめたい場合は爪楊枝や竹串で1箇所刺して生地がくっつかなければ焼けてます。

注意事項

②で形を作る際に、中にジャムミックスをいれるのですが、あまり薄く作りすぎると焼くときに生地が破れて中のジャムが出てきてしまいます。ですので、手のひらに丸く伸ばす際に真ん中を気持ち厚めにし、一番中心に少しくぼみを入れることでジャムミックスを包む際にこぼれず、破れずにきれいに形を作ることができます。

作ってみた感想

こちらのセット8枚分ができるみたいなのですが、私は今回大きめのを3枚作りました。①で作った生地を3等分にしたのですが、パンケーキくらい大きく分厚いものができ、中まで火が通るのに時間がかかりました。もし3,4等分で作るとしたらなるべく形作りの際に薄くすることをおすすめします。

中の砂糖のようなミックスジャムが溶けてシナモンの効いた黒糖のようなジャムでした。朝ごはんにいい感じです!

韓国 ホットク お土産 作り方