ベビーカー2歳児買い替えは必要?いつまで?

ベビーカー おすすめ

2歳児からおすすめのチャイルドシート3選
チャイルドシートは子供を車に乗せるときに必要なアイテムですよね。生まれたときに大体の人は長めに使えるチャイルドシートを購入しているかと思います。しかし子供の成長により、チャイルドシートの対象年齢内であるのに、少し窮屈そう…?と感じたことありませんか?2歳の子供は自分で車の乗り降りができるほど体が成長しています。そのためチャイルドシートの買い替えを検討される方もいるのではないでしょうか。今回は2歳児からジュニアシートへの買い替えを検討するポイントと、2歳児から使うのにおすすめチャイルドシートをご紹介します!2歳の子供を持ち、チャイルドシートに乗せる機会が多い方は、ぜひ参考にしてみてください。それではいってみましょう〜!

チャイルドシートの選び方

新生児から使っているチャイルドシートを2歳頃に検討する場合、選ぶチャイルドシートは【ジュニアシート】というものになります。このジュニアシートは3.4歳頃から使うチャイルドシートなのですが、2歳頃でも成長が早い子には、こちらのチャイルドシートに変えたほうがいい場合があります。このジュニアシートを購入する場合、選ぶポイントは2つです。1つ目は【種類】2つ目は【乗り心地】です。では詳しく解説していきます。
1つ目の【種類】ですが、ジュニアシートには【ハイバックタイプ】【ブースタータイプ】の2種類あります。

ハイバックタイプ ブースタータイプ
価格の相場 10000円 2000円
背もたれ あり なし
ベルトの位置 背もたれ部分 身長が低いと首にかかる可能性

2歳頃の子供にジュニアシートを使う場合は、背もたれがあり体勢が安定する【ハイバックタイプ】の購入をおすすめします。持ち運びに便利なブースタータイプは、体のサイズにもよりますが、4歳頃からの子供に使うことをおすすめします。
2つ目の【乗り心地】ですが、ジュニアシートに限らずチャイルドシートは子供の体にフィットしていないと意味を成しません。子供にとって苦しくなく、しっかりホールドされているものを選びましょう。

2歳からジュニアシートに変えるべきか?

チャイルドシートは大まかに3種類に分けられます。1種類目は生まれた直後から1歳頃まで使える【新生児・乳児用ベビーシート】。2種類目は1歳頃から4歳頃まで使える【幼児用チャイルドシート】。3種類目は3歳頃もしくは4歳頃以降から使える【学童用ジュニアシート】。現在では新生児から4歳頃まで、もしくは6歳頃まで使えるチャイルドシートが多く市販されています。しかし子供の体の成長は早く、6歳まで使えると謳っていても、実際4歳頃の子供を乗せると窮屈だと感じる場合があります。

2歳児の身長・体重の平均は?

こちらは2歳児の身長・体重の平均です。新生児から4歳頃まで使えるチャイルドシートの場合、メーカーにもよりますがコンビのチャイルドシートの場合まだまだ余裕があります。ジュニアシートに変えるのは、2歳頃ではなく3歳頃から考えてみても問題ないです。

2歳男児 2歳女児
平均身長 約85cm 約85cm
平均体重 約12kg 約11kg

コンビのチャイルドシートの内側のサイズ

コンビのチャイルドシートの内側のサイズはこちらです。現在使っているチャイルドシートと比べてこれより小さく、また子供の身長が高い、もしくは体重が重い場合は2歳頃であってもジュニアシートに変えることを検討してみてください。

座面幅 約30cm
座面奥行き 約30cm
座面高さ 約45cm

2歳児からのおすすめチャイルドシート

1. コンビ ジョイトリップ エッグショックGC

エッグショックと呼ばれる超衝撃吸収素材を使用し、子供を衝撃からしっかりと守ります。快適空間を与えるココチエアーという通気性抜群のシートを採用しているので、夏でも快適に過ごせます。シートは取り外しが可能で、選択で丸洗いもできるので汚れたとしても安心ですね!価格も18,000円ほどとお手軽なので、買い替えに悩んでいる方におすすめのジュニアシートです。

2. アップリカ エアグルーヴ

頭、肩、腰をしっかり守るアップリカのエアグルーヴシリーズ。1歳頃から11歳頃まで長く使えるのが魅力的です。1歳から2歳頃は比較的体はまだ小さいので、5点式ベルトでしっかりフィットさせ、衝撃から体を守ります。シートカバーは洗濯機で洗えるので、汗やもしも吐いてしまった場合でも衛生的に使い続けることができます。また通気性のあるメッシュシートなので、熱がこもりやすい夏でも安心して使えます。

3. カトージ エレベート

背もたれの中央部分と座席部分に3Dメッシュを使用しているこちらのチャイルドシートは、デザイン性もよくお母さんからも人気のジュニアシートです。もしものときは前からの衝撃だけでなく、サイドインパクトシールドが横からの衝撃からも体を守ってくれます。また大型のヘッドレストが子供の頭をしっかりと支えます。ヘッドレストの高さを調節すると、肩ベルトの高さも同時に動くので、自動的に子供の体のサイズに合わせて調節することができます。こちらもシートは丸洗いできるので、衛生的にも安心です。

まとめ

今回は2歳児からシートを買い換えるときのポイントを、おすすめのジュニアシートを3つご紹介いたしました。2歳児は魔の2歳児と呼ばれるほど、動きが増えて目が離せないときです。買い換える際にはたくさん動いても窮屈にならないジュニアシートを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です