Illustratorで線・図形の一部を消す方法[簡単イラレの使い方]

こんにちは!今回はIllustratorで線や図形の一部を切り取る方法についてご紹介していきます。

図形の一部だけを消すには消しゴム?


まず、今回作りたい画像の完成形はこちらになります。ちょっと小洒落た感じを出すには文字に隙間を作るのが簡単にそれっぽくなるのでおすすめです。では、この隙間のある文字ってどうやってつくるのでしょうか?

隙間・・・余白を生かしたデザインを勉強する際に私はこちらを参考にしました。余白があることの美しさとはこういうことなのですね。隙間も同じかな?

①好きな文字を入力しアウトライン化する

上の画像のように文字を入力します。今回は「焼酎」(酒好きなのがバレる)使用フォントは「TBカリグラゴシック Std E」です。イラレを使用している方なら基本的には使用できるフォントとなっております。

次にアウトライン化をします。アウトライン化をすることで、文字を図形として扱うことができるので、パスをいじってフォントの形をアレンジすることが出来ます。

アウトライン化するには[書式]→[アウトラインを作成]
※アウトライン化するときの注意として、一回アウトライン化すると文字を変更することが出来ないので、気をつけてください。

 

②消しゴムツールをつかう

アウトライン化をしたあとは、ツールバーにある[消しゴムツール]を使って消したい箇所を消していきます。ショートカットキーはShift+Eです。

消したい部分にぴーーっと線を引いていくと、こんな感じになります。なかなか真っ直ぐにきれいに線を引くのは難しい。これでも、消しゴムツールで消したいところに線をひくと比較的修正されるのでまだましなほうかと。
消しゴムツールあとのガタガタを直したい場合は・・・

  • もう一度消しゴムツールでキレイにする
  • ダイレクト選択ツールでパスやアンカーを消す
  • ダイレクト選択ツールでパスやアンカーを動かしたりハンドルを使ったりして修正する

 

はい、こんな感じにキレイに修正できました。ちょっとややこしいけれども、上記のやり方が綺麗にできるのではないでしょうか。慣れればぱぱっと簡単にできるようになります。

 

Illustratorで文字を更に細く・太くする方法![簡単イラレの使い方]


illustratorを勉強するのにおすすめの本

この記事を読んでいる人は、llustrator初心者・勉強中のかたが多いのではないでしょうか。実際に、私は独学でillustratorを勉強していましたが技術的に躓くことがありました。こういうイメージでやりたいのに、なんて検索すれば良いんだとか、あとは知識がないのでどのようにすればこうなるとかをまず知らないという。私は、illustratorの本を買って気まぐれに雑誌を読む程度に、勉強といいますかふーんこういうやりかたもあるんだな〜というふうに知識の引き出しの中身を増やしています。

いざ、作品を作っているときにその引き出しが多ければ多いほど、「あ!そういえばこういうのあった気がするな!」と思い出すことがあります。ですので、初心者の方には本を買うことをおすすめします。

こちらは私の愛読書でもあるIllustratorの教材です。わかりやすいかつ、情報が豊富です。Illustratorの本の中でも、どの本を買えばよいか迷っている方にはこちらがおすすめです。

なるほどデザイン 目で見て楽しむデザインの本。/筒井美希【1000円以上送料無料】

こちらは、イラレの使い方の勉強というよりは、デザインの勉強の本ですが、なるほどデザインという名前だけあってなるほど〜とついつぶやいてしまうような作品が沢山載っています。