Illustratorでオブジェクトの合成をして図形を作る方法?[簡単イラレの作り方]

こんにちは!今回はIllustratorにおいてオブジェクトの合成をし図形を作る方法をご紹介していきます!簡単なロゴやマークを作るときに知っておいたほうがいい機能です。今回使用するのはシェイプツールという機能を使う方法をご紹介していきます。

オブジェクトの合成にはシェイプツール!

Illustratorにおいて図形やマークなどを作る際に、オブジェクトの形成ツールで楕円や四角形を重ねて作成することが多いと思います。でも、重ねて見たはいいものの、下の画像のように線が重なってしまって見栄えが悪いですね。

そこで、シェイプ形成ツールを使って複数の入り組んだ図形の間にある線や塗りを結合したり削除したりすることができるのです!とっても便利で簡単に使えるツールです。

Illustrator イラレ 合成 シェイプツール

シェイプ形成ツールの使い方

シェイプ形成ツールの使い方はとっても簡単!
まず、合成したいオブジェクトを選択します。先程の画像の場合はすべてなので[command+A]ですべて選択できます。

次に、左のツールバーにIllustrator イラレ 合成 シェイプツールこのようなマークの[シェイプ形成ツール]があるのでそれをクリックし、そのままカーソルをオブジェクトに持っていくと画像のような網掛けのような状態になります。その状態でドラックをしていき、ドラックにかかったオブジェクトが合成されます。

Illustrator イラレ 合成 シェイプツール

このように合成されます。パスも合成する前の外側の部分だけ残っている状態です。

Illustrator イラレ グラデーションIllustratorでキレイにグラデーションを作る方法[簡単イラレの使い方]

Illustrator イラレ 合成 シェイプツール

illustratorを勉強するのにおすすめの本

この記事を読んでいる人は、llustrator初心者・勉強中のかたが多いのではないでしょうか。実際に、私は独学でillustratorを勉強していましたが技術的に躓くことがありました。こういうイメージでやりたいのに、なんて検索すれば良いんだとか、あとは知識がないのでどのようにすればこうなるとかをまず知らないという。私は、illustratorの本を買って気まぐれに雑誌を読む程度に、勉強といいますかふーんこういうやりかたもあるんだな〜というふうに知識の引き出しの中身を増やしています。

いざ、作品を作っているときにその引き出しが多ければ多いほど、「あ!そういえばこういうのあった気がするな!」と思い出すことがあります。ですので、初心者の方には本を買うことをおすすめします。

こちらは私の愛読書でもあるIllustratorの教材です。わかりやすいかつ、情報が豊富です。Illustratorの本の中でも、どの本を買えばよいか迷っている方にはこちらがおすすめです。

けっきょく余白。やっぱり、余白があるデザインはシンプルでうつくしい ですよね。いろいろとオブジェクトを配置するデザインも華やかでいいですけど、余白を活かすデザインも知っておいて損はありません。いや、絶対必用な知識かもしれない(笑)