Illustratorできれいに袋(縁取り)文字を作る方法[かんたんイラレの使い方]

Illustrator イラレ フォント 袋文字

こんにちは、今回はIllustratorにおいてきれいに袋文字(文字の縁取り)を作る方法をご説明していきます!

袋文字とは?

塗りつぶされている文字にその文字の輪郭(境界線)に縁取りがあることを袋文字といいます。文字を強調するときや、題字などによく使用されています。
また、別名で白抜き文字、縁取り文字、アウトライン文字とも呼ばれております。

きれいに袋文字ができない?

それでは早速、袋文字を作成していきたいと思います。

文字を入力して、アピアランスで線の太さを変えていくと・・・・あれ?なんか線ばかりが太くなって大切な文字のインナーの色がつぶれていってしまって汚く見える、どうしよう・・・と思ったことはありませんか?

それでは、きれいに袋文字をつくる方法をご紹介していきます。

Illustrator イラレ フォント 袋文字

 

袋文字をきれいに作る方法!

 

まず、[プロパティ]→[アピアランス]の[・・・]をクリックしてアピアランスパネルを開きます。すると、左側にアピアランスパネルが表示されるので、左下の[新規線を追加]をクリックします。

Illustrator イラレ フォント 袋文字

新規線を追加するとこのように文字に線が追加されます。このままでは先程の内側が潰れてしまう線と同じ状態なので、設定を変えていきます。

アピアランスの[線]をドラッグしてつかんで[文字]の下に移動させます。

Illustrator イラレ フォント 袋文字

 

先程の工程で、線を文字の下に移動させたので線が文字に隠れて見えなくなっていると思います。ですので、線の太さや色をお好みに変えて文字から線がはみ出るように線のポイントを大きく設定します。
文字からはみ出た線が少しカクカクしてしまっているので、[線]の文字をクリックして[線パネル]を開き、[角の形状]を丸くします。

Illustrator イラレ フォント 袋文字

 

こんな感じで完成です!文字のインナーも潰れておらず、キレイに袋文字ができました!ぜひ、この方法を活用してください!

他にも簡単イラレの使い方をご紹介してます。ぜひ、今回の方法と合わせてご覧いただけましたら幸いです。

Illustratorで文字を更に細く・太くする方法![簡単イラレの使い方]
Illustrator初心者のこれは覚えておきたい基本![かんたんイラレの使い方]

 

illustratorを勉強するのにおすすめの本

この記事を読んでいる人は、llustrator初心者・勉強中のかたが多いのではないでしょうか。実際に、私は独学でillustratorを勉強していましたが技術的に躓くことがありました。こういうイメージでやりたいのに、なんて検索すれば良いんだとか、あとは知識がないのでどのようにすればこうなるとかをまず知らないという。私は、illustratorの本を買って気まぐれに雑誌を読む程度に、勉強といいますかふーんこういうやりかたもあるんだな〜というふうに知識の引き出しの中身を増やしています。

いざ、作品を作っているときにその引き出しが多ければ多いほど、「あ!そういえばこういうのあった気がするな!」と思い出すことがあります。ですので、初心者の方には本を買うことをおすすめします。

こちらは私の愛読書でもあるIllustratorの教材です。わかりやすいかつ、情報が豊富です。Illustratorの本の中でも、どの本を買えばよいか迷っている方にはこちらがおすすめです。

けっきょく余白。やっぱり、余白があるデザインはシンプルでうつくしい ですよね。いろいろとオブジェクトを配置するデザインも華やかでいいですけど、余白を活かすデザインも知っておいて損はありません。いや、絶対必用な知識かもしれない(笑)