Illustratorでドットなどの パターンで柄を作る方法![かんたんイラレの使い方]

イラレ illustrator ドット パターン

こんにちは、今回はIllustratorでパターンを利用してドット柄を書く方法をご紹介します。この方法を活用してデザインの幅を広げていきましょう!

イラレでドットを作る方法

それでは、早速ドットを作る方法をご紹介していきます。

まず、長方形ツールと楕円ツールで正方形と円を作成します。大きさはお好みで問題ございませんが、円は正方形の中に収まるようにしましょう。

イラレ illustrator ドット パターン

ふたつのオブジェクトを選択し、オブジェクトの整列で下の赤の枠をクリックしてオブジェクトを中心に重ねます。

イラレ illustrator ドット パターン

次に、スウォッチパネルを開きます。ふたつのオブジェクトを選択しスウォッチパネルに移動させると、スウォッチパネルにドットのもととなるパターンが登録されました。

イラレ illustrator ドット パターン

 

ここまでくればもうほぼ完成です。
ドットを反映させたいオブジェクトを長方形ツールなどで作成し、スウォッチのパターンに登録されているドットをクリックします。

 

イラレ illustrator ドット パターン

 

ドットが互い違いにならず、整列した形になっちゃうという場合は、先程のスウォッチパネルにあるドットをクリックし[パターンオプション]を表示させます。タイルの種類を[レンガ(横)]に変更させます。すると、ドットの位置が互い違いにずれていい感じのバランスになりました。

イラレ illustrator ドット パターン

 

他にもIllustratorの使い方について書いてます。今回学んだ内容を活用したイラレの使い方なのでぜひ御覧ください!

Illustratorで文字を更に細く・太くする方法![簡単イラレの使い方] Illustrator イラレ グラデーションIllustratorでキレイにグラデーションを作る方法[簡単イラレの使い方]

illustratorを勉強するのにおすすめの本

この記事を読んでいる人は、llustrator初心者・勉強中のかたが多いのではないでしょうか。実際に、私は独学でillustratorを勉強していましたが技術的に躓くことがありました。こういうイメージでやりたいのに、なんて検索すれば良いんだとか、あとは知識がないのでどのようにすればこうなるとかをまず知らないという。私は、illustratorの本を買って気まぐれに雑誌を読む程度に、勉強といいますかふーんこういうやりかたもあるんだな〜というふうに知識の引き出しの中身を増やしています。

いざ、作品を作っているときにその引き出しが多ければ多いほど、「あ!そういえばこういうのあった気がするな!」と思い出すことがあります。ですので、初心者の方には本を買うことをおすすめします。

こちらは私の愛読書でもあるIllustratorの教材です。わかりやすいかつ、情報が豊富です。Illustratorの本の中でも、どの本を買えばよいか迷っている方にはこちらがおすすめです。

けっきょく余白。やっぱり、余白があるデザインはシンプルでうつくしい ですよね。いろいろとオブジェクトを配置するデザインも華やかでいいですけど、余白を活かすデザインも知っておいて損はありません。いや、絶対必用な知識かもしれない(笑)