Illustratorでトレースしてみた①オブジェクトを分割する方法[かんたんイラレの使い方]

こんにちは!今回はIllustratorやデザインを勉強するのにおすすめのトレースをご紹介していきます!簡単なロゴやマーク、デザインを作るときに知っておいたほうがいいツールや方法がいっぱいです。

Illustratorでトレースしてみた

今回はこちらのテンプレートを使用してトレースしていきます。AdobeStockから引用しております。YouTubeにトレースのはじめからのやり方をアップしてますのでこちらをごらんください。

 

今回のトレースのポイントとして下記のとおりです。以前にもご紹介したツールはURLから詳細を御覧ください。

 

波型にオブジェクトを分割する

今回は波型にオブジェクトを分割し長方形の1辺が波になるようにするツールをご紹介します。

直線ツールで1本の直線と、長方形ツールでお好みの大きさのオブジェクトを用意します。そして、直線ツールを[パスの変形]で波線にします。

 

波線を選択し[オブジェクト]>[透明部分を分割・統合]をクリック。するとパネルが出てくるので、赤枠の「すべての線をアウトラインに変換」にチェックを入れます。

 

次に、2つのオブジェクトを重ねて選択し、[ウィンドウ]>[パスファインダー]>[前面オブジェクトで型抜き]をクリックします。

 

1辺を波線に分割できました!同じ方法を使えばどの様な形でも分割できます!ぜひご活用ください。

他にもIllustratorの使い方について書いてます。今回学んだ内容を活用したイラレの使い方なのでぜひ御覧ください!

Illustrator初心者のこれは覚えておきたい基本![かんたんイラレの使い方] Illustratorで文字を更に細く・太くする方法![簡単イラレの使い方]

illustratorを勉強するのにおすすめの本

この記事を読んでいる人は、llustrator初心者・勉強中のかたが多いのではないでしょうか。実際に、私は独学でillustratorを勉強していましたが技術的に躓くことがありました。こういうイメージでやりたいのに、なんて検索すれば良いんだとか、あとは知識がないのでどのようにすればこうなるとかをまず知らないという。私は、illustratorの本を買って気まぐれに雑誌を読む程度に、勉強といいますかふーんこういうやりかたもあるんだな〜というふうに知識の引き出しの中身を増やしています。

いざ、作品を作っているときにその引き出しが多ければ多いほど、「あ!そういえばこういうのあった気がするな!」と思い出すことがあります。ですので、初心者の方には本を買うことをおすすめします。

こちらは私の愛読書でもあるIllustratorの教材です。わかりやすいかつ、情報が豊富です。Illustratorの本の中でも、どの本を買えばよいか迷っている方にはこちらがおすすめです。

けっきょく余白。やっぱり、余白があるデザインはシンプルでうつくしい ですよね。いろいろとオブジェクトを配置するデザインも華やかでいいですけど、余白を活かすデザインも知っておいて損はありません。いや、絶対必用な知識かもしれない(笑)