地震や台風の災害が起きても安心!備えるべきグッズ・行動は?避難所に行くべき?

こんにちは。今回は地震や台風などの災害が起きたときでも安心できるグッズ・行動について話していきたいと思います。私は2019年の9月〜10月にかけての台風・豪雨にて自宅が浸水し避難所生活もしました。その経験から、今のうちに少しでも備えられることはなにかということで、記事にまとめました。この”備え”は地震のときにも役に立つのではないでしょうか?

地震・台風のときに安心できるよう備える!

地震・台風などの自然災害は人間がこの地球に住んでいる限りは起こりうるものです。それは誰もがわかっていることではありますが、いざ起こってみないとその恐ろしさがわからない物ですよね。

私も2019年に台風の被害に遭うまではこの恐ろしさをかなり舐めていました。実際に賃貸のアパートは床下浸水で、玄関まで水がひたひた、あと1cm水位が上がったら家の中も被害に遭うところでした。

いざ起こっても、焦らないで余裕を持って行動ができるようある程度の備えをしていきましょう!それでは早速、自宅に備えておくべきものをご紹介します。

避難所に行くことになった場合に用意するべきもの

実際に2019年の9月〜10月にかけての台風・豪雨の際に近隣の小学校に避難しました。その時に持っていってよかった〜、持っていけばよかった!というものをまとめました。

簡易テント(ワンタッチテント)

避難所はプライベート空間が少ないので、特にお子様や女性の方は簡易的なテントがあるといいでしょう。着替えやオムツ替えなどテントがあると便利です!

寝袋

一時的な避難ですと布団が支給されることも少ないので、寝袋があったほうが寝心地が良いです。不安な夜は少しでも暖かくして寝ましょう。

アルミシート・マット

レジャーシートのようにスペースの確保、または寝袋の下に敷くことで寒い季節でも床冷え対策になります。

created by Rinker
ユーザー(User)
¥1,200 (2021/04/17 19:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

軽食

台風や洪水などで避難所に避難しているときに、コンビニなどに買い物に行くことも難しいと思います。ですので、軽くカロリーを摂取できるものを用意することをおすすめします。

created by Rinker
カゴメ
¥3,240 (2021/04/17 19:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

モバイルバッテリー

避難している時、暇つぶしに携帯を使用することが多いと思います。ですので、気軽に充電できるモバイルバッテリーを用意しましょう。ものによりますが携帯以外にも、ラジオやランタンなどの充電も可能です!

小型ランタン

停電した際にランタンなどのライトは必要になります。これは自宅に一つはあったほうが良いです。

ラジオなどの情報源

停電などで電波も届きにくいというときに、情報はどこから入手するのか。そういうときのために、小型ラジオなど用意しておくと良いでしょう。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥1,945 (2021/04/17 19:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

台風の浸水に備えて私がしたこと

台風は、ある程度前からどの程度の強さのものが来るのかが予想できる世の中になってきました。これは本当にありがたいことですね。1階に住んでいる方は特に浸水する可能性が高いので対策が必要です。

そこで、事前に予想できるからこそあらかじめできる備えについて書いていきます。あたり前のことかもしれませんが、いざというときに忘れないようチェックリストを作成するのもいいかもしれないです。

  • 車やバイク、自転車を高いところに移動する
  • 床においてある荷物をテーブルや棚に乗せる(床より50cmほど高いところ)
  • 家の前にある小物などを家の中に入れる
  • 雨戸を閉める
  • 家の周りなどの写真を撮っておく(特に賃貸では台風で壊れたところの修理を大家さんに依頼する際に証拠としてあると話がスムーズです)
  • いつでも避難できる準備をしておく
  • お風呂に水を張っておく

以上の7点です。実際に、お風呂に水を張るのが遅かったため洪水で水道が逆流し数日濁った水しかでてこず、水不足に悩みました。こんな現代で水がないという状況なんて考えられませんよね(笑)

まとめ

実際に起きてみないとその大変さがなかなか伝わらないです。ニュースでも台風が近づいてくると身を守る行動を!と呼びかけています。何事も早め早めの行動に過ぎないのが自然災害です。ぜひ、私の体験を踏まえたこの記事を参考にしていただけますと幸いです。以上、「地震や台風の災害が起きても安心!備えるべきグッズ・行動は?避難所に行くべき?」でした。