装飾線をつけるだけでおしゃれに見える!ブレンドツールを使いこなそう【簡単イラレの使い方】

こんにちは、今回はIllustratorのブレンドツールを使って装飾線の作り方について書いていきます。装飾線をつけるだけでノーマルな文字がおしゃれに見えるんです。それではご紹介します!

 

イラレで装飾線を作ろう!

 

今回、装飾線を作るのにブレンドツールというのを使っていきます。ブレンドツールとは簡単にいうと、オブジェクト間を自動で埋めてくれるツールです。

他にもブレンドツールを活用したおしゃれ立体文字の作り方を記載してます!
イラレ Illustrator ブレンドツール ブレンドツールで簡単立体レトロなおしゃれ文字が作れちゃう!【簡単イラレの使い方】

装飾線の作り方

①まず、好きな文字や図形を書きます。そして、その周りに装飾したいものを書きます。
今回は赤い矢印で指しているような、斜め線を直線ツールにて書きました。

②次に、①で書いた線を装飾したいオブジェクトより外側にコピペします。

 

③ ①と②で書いた線をコピーし[オブジェクト]>[ブレンド]>[作成]で装飾線を作ります。

MEMO
ブレンドツールのショートカットはこちらです。
Windows…Ctrl+Alt+B
Mac…⌘+Option+B

 

④[オブジェクト]>[ブレンド]>[ブレンドオプション]で線の間隔などを設定します。
下の画像の場合、ブレンドオプションの【間隔】というところを「距離」に変更しピクセル数を好きな数値にします。

⑤上の装飾線ができたら、コピーして文字の下にペーストしたら文字を囲むおしゃれな装飾線ができました!

ちなみに横長の線にしたらステッチ風になりました!

以上、装飾線をつけるだけでおしゃれに見える!ブレンドツールを使いこなすでした!みなさんもIllustratorを使いこなして簡単におしゃれな作品創りましょう!