簡単にできる!?アイソメトリックデザインの作り方[かんたんイラレの使い方]

こんにちは、今回は簡単にできるアイソメトリックデザインの作り方について書いていきます。今回ご紹介する方法を活用してどんどんクオリティの高いアイソメトリックを作成してみましょう!

アイソメトリックとは?

まず、そもそもアイソメトリックとはどんなものなのかご存知でしょうか。
アイソメトリクス(等尺性筋収縮)と検索で出てきますが、筋トレではありません(笑)

傾斜させた立体を縦、横、高さの3方向で作る角度がそれぞれ120度になるように描き、一つの図で対象物の3面を同程度に表し、等角投影図法ともいわれております。インテリアの俯瞰図や地図などに多く使われます。

 

 

簡単イラレでアイソメトリックを作る

それでは、アイソメトリックを作成していきましょう!

 

①好きな平面図形を作成し、3Dの効果をつける

平面図形を作成し、その図形を選択したまま[効果]>[3D]>[押し出し・ベベル…]をクリック。

 

②オプションで奥行きや方向などをカスタムする

位置で前面と後面どちらに押し出すのか、図形の向き、奥行きの幅などが微調整できます。

 

③完成!

とっても簡単!②ステップで簡単なアイソメトリックが出来ちゃいました!

 

 

 

おすすめの参考書

デザインの基礎部分、基本的な4原則について書いてあります。Illustratorを使用する方は特にこちらを一読することをおすすめします。

created by Rinker
¥2,158 (2021/07/26 00:49:51時点 Amazon調べ-詳細)

これは私が愛用しているIllustratorの教科書です。シンプルでわかりやすくおすすめです。