スリランカでの両替はATMがお得!?

スリランカ 両替 キャッシング

ア〜ユボワン〜(シンハラ語でこんにちは)

今回は、スリランカについたらまず両替をしたいと思いますが、どこでお金を換金するのが一番レートがいいのか、またATMで引き出すのはどうなのかについて書いていきたいと思います。

それではってみましょう〜!

スリランカの通貨と種類

スリランカの通貨は基本的に「スリランカルピー(Rs.と表記)」です。

↓↓こちらで現在のレートを確認できます↓↓

https://ja.exchange-rates.org/Rate/LKR/JPY

現在流通しており、旅行者の私達が手にとる通貨の種類は基本的に、紙幣だとRs.5000・2000・1000・500・200・100・50・20で貨幣だとRs.10、5、2、1が多いです。

インドとスリランカ、海を挟んで隣の国で通貨もルピーと同じ名称ですが、全くと言っていいほど別の通貨になります。更に、インドルピーに関しては国外持ち出し禁止になっておりますので、あわよくばスリランカで使おうなんて思わないでください。

どこで両替するのがベスト?

スリランカ 両替 キャッシング

ハッキリ言うとスリランカを旅行していて、はじめのバンダラナイケ空港以外に街中で両替所(exchenge)がほとんど見当たりませんでした。(ちなみに空港のレートはそこまで悪くありませんでした。)もちろん、町中の銀行に行けば両替してもらえるとは思うのですが、レートが悪いのでは?と思い敬遠していました(笑)

そこで、私がオススメするのは銀行ATMでのキャッシングです。レートも悪くないですし、銀行によっては手数料無料のところもあり、大変オトクに両替することができるのです。もちろん、銀行でのキャッシングをする場合は海外キャッシング可能なカードを持参していきましょう。

オススメの銀行ATMは?

まず、スリランカで日本を含む外国のキャッシュカード(plus・cirrus)からお金を引き出せるATMを設置している銀行は、以下の5行です。

  • Commercial Bank
  • Bank of Ceylon
  • Sampath Bank
  • Commercial Bank
  • People’s Bank

では、実際にどこの銀行ATMが手数料が少なくお得に両替ができるのでしょうか?
個人的におすすめなのが、実際に私がヘビーユーザーとして利用していたPeople’s Bank(ピープルズバンク)です。

スリランカ 両替 キャッシング

こちらは下ろすときの画面に特に手数料に関する記載がなく、恐る恐るキャッシングして見た結果、手数料無料でした!さらに、レートもgoogleで調べたのとほぼほぼ同じでした!しかも、こちらのPeople’s BankのATMは観光客が行くような街であれば、駅やショッピングモール近辺などどこにでもあるので安心です。下記にわたしが見かけたピープルズバンクの場所を記載しましたのでご参考までに。

  • キャンディ→ショッピングモール内の1階のATMコーナー(カフェの前あたり)
  • エッラ→駅前(上の写真)
  • ヌワラエリヤ→バスターミナルの敷地内(トイレの方に看板がありました)
他の銀行は手数料300〜400ルピー
ちなみに、他の銀行ですとだいたい300〜400ルピーほどの手数料が取られます。スリランカは物価が安いため、ATMの手数料分のお金で1日分の食費がまかなえてしまいます。

スリランカの物価は?

今までの内容で、どこでお金を換金するのがお得なのかを書いてきました。では、実際にいくら下ろせばいいのか?悩みどころですよね。しかも、スリランカは発展途上国にありがちな物価設定になっており、観光地の入場料や観光地周辺の物価は非常に高い割に、交通費やローカル食堂などは破格に安いという物価になっています。場所やもの、サービスによって極端に価格が異なる、ということです。

場所によって、物価はかなり変わってきますがネゴンボやシギリヤ、エッラなどの観光地化が進んでいる場所でそれなりなレストランで食べるとすると、夜ご飯ビールにメイン料理を頼んで1人1000〜1500ルピーほどかかります(チャージ料含)。それに比べ、キャンディでは1食200ルピーほどでたらふく食べられました。なので1万円分ほどのルピーは何かあったときのために手元に置いておき、移動中はよほどの田舎に行かない限りは、行く先々のATMでつどつど降ろすのをおすすめします。ちなみに私は14日間の旅程で日本円にすると33000円分をキャッシングしました。それでもほぼ毎日ビール300mlくらいのを2缶ほど飲んでいたので、お酒飲まない方だともっと節約できると思います。

以上で、スリランカの両替事情についてでした!お得に換金して少しでも有意義にスリランカを堪能して行きましょう〜!